2017年4月9日日曜日

ラストアマダイ

色々釣れました。本命もなんとか。

2017/04/08浦安 吉久 アマダイ 


雨予報の週末。お花見もままならず、かと言ってお家でってのも性に合わず。
風向きが南であまりよろしくなかったのですが、東京湾口までならなんとかなりそう。

トラフグとかマゴチとかチャレンジしたい種目もあったんですが、「アマダイ8日で今季ラスト」って記事に釣られて浦安吉久に行ってきました。

浦安の船宿は近いのでちょくちょく乗るのですが、吉久船はこれが2回目。チョー久しぶりです。

実は・・・。
もう大分前の話になりますが、初めて乗った時◎×●△○▼ってなことがあって、もう乗ること無いなリストだったんですが。
まあ、そろそろ忘れてもいい時期かなと。


前の日に予約入れて、朝5時少し前に行ったら他の船はポチポチとお客さん来てるみたいでしたがアマダイ船は先客ゼロ。左艫にしました。

雨の中、お客さんくるのかな?船でるのかな?とやや心配になりましたが、最終的に6人になり小雨のぱらつく中、7時ちょっと前に出船。

風がなければ富浦沖だったんでしょうが、南の風で船が進めず2時間かけてやっと保田沖に着きそこからスタート。保田沖から勝山浮島沖、最後は保田定置網そばがこの日のコースでした。

釣りの方はというと、
先ずは本日の作戦。

「アマダイとカイワリって釣り方似てるかも?」

アマダイ何度かやってるうちに思い出したことがあって。

大分前洲崎の佐衛美丸でカイワリ釣った時に教えてもらった釣り方。
底切って棚取ったらゆっくりと仕掛けを上下に動かす。外道のヒメを避けてカイワリを誘うテクニック(だったと思う)。
外道を避けて本命を狙う。これですね。




ま、そんなうまくいく訳はないんで。

先ずスタートは、定番のこの方。 トラギス。




ちょっときれいなこちらの方も。 沖トラギス。




トラギスと戯れていたら、違うアタリ。間欠的な引き。小ぶりのアマダイを確信するも・・・。
ムシガレイ。




再びトラギスと遊んでいると、またグッとアタリ。今度は? おっ、赤い。でも違った。
イトヨリ。




また暫くトラギスとじゃれていると、グッ。 かなり大きい。
おめでとうございます。 アマダイ40cmオーバー。
タモ取りは自分でやりました。




また、来た〜 と思ったら・・・・
アヤメカサゴ。




こういう方にも騙されました。
アカイサキ ではなく シキシマハナダイ (まるかつさん、ご指摘感謝)





赤いのは他にも、
ヒメコダイとか、




カナガシラとか。




最後保田の定置網そばでは・・・・・
グッと入りグイグイ引いてくるのを、いなしながら上げてきたら・・・・
カイワリ〜 ♪





そして、沖上がり寸前で・・・・。 でかい、もしかして今日2本目? と期待しましたが
ジャンボウマズラハギ。
すかさず血抜。大きくてきれいなキモが入ってました。




浦安吉久。わだかまりやや解消かな?


道具 アマダイの部
竿 A-GRIPネライ
リール フォースマスター2000 PE3号 
天秤弓形30cm 錘80号
       仕掛 ハリス3号1.8m 2本針
          上針 上から100cm 直結び ハリス長30cm チヌ3
         下針 チヌ3号 
            
餌  オキアミ(支給)大陸産はちみつ(持参)

釣果 アマダイ 1匹 40cm
    沖トラギス 不明
    トラギス 不明
    アヤメカサゴ 1
アカイサキ 3匹
 ムシガレイ 1匹
 イトヨリ 1匹
 ヒメコダイ 2匹
 カイワリ  1匹
 ウマヅラハギ 1匹



備忘録

・風のある日(ウネリのある日)のアマダイは難しいね。
 置き竿タイプの釣りだとそれほどでもないんだけど。