2017年9月17日日曜日

仁徳丸アカムツ・ツアー 第1回


予定通りのつもりが、痺れる展開に・・・・・

2017/09/16 波崎 仁徳丸

今年もやってきました。アカムツ・ツアーの季節が。

今年は2回とも参加する予定です。
で、今回は第一回。

ここの所、深場の釣りが少なく置き竿釣り遠のき、置き竿オートマチックの誘惑がかなり高まっていて。

折しも、大型台風18号がこの連休に日本列島を通過する予報。この日だけが辛うじて海に出られ翌日以降は大しけの様子。銚子沖カンネコ根は、台風の直接影響こそまだないもののかなりうねりそうな予感でした。

そんなこともあって、邪道なのはわかっていましたが去年に続き今年も置き竿スタイルで臨むことにしました。80号負荷のグラス竿です。
波崎カンネコ根のアカムツは手持ちで積極的に誘うのが定法ですが。

「今年も置き竿作戦」

明け方港に着いたら風がそよそよ。
座席札引いたら、右舳。
(お、置き竿作戦正解かも)
座席決まったところで、乗船。お隣はなべちゃんさんでした。

舫綱解いて港出たら、いきなりドッタンバッタン。揺れには強いので舳で頑張っていましたが、かなりのジェットコースターでした。
でも、この時は揺れより、
(お、ウネリあり。予想どおり。置き竿作戦正解かも。)って、お気楽モードでした。

ドッタンバッタンの中、ポイント到着。潮回りして釣り開始。
序盤から、ポチポチあがっていました。海のルビー(アカムツ)初物、右舷はrubyさんだったような。

暫くして、おとなりなべちゃんさんにも。
このあたりでは、
(今日は、模様良さそう。何匹釣れるかな?)なんてお気楽だったんですけど・・・・。





序盤で、後3人(で全員ゲット)という情報流れてきた時も、全然焦らなかったんですけど・・。

序盤戦終わったところで、船長から仕掛けの指導受けて余計なもの外して、そしたらすぐに魚掛かって、サバだったんですけど次はアカムツって信じて、さあこれからこれからって思って。

んが〜! 来てくれません。サバとかアジとかがポチリポチリだけ。
前の週のアマダイに続き痺れる展開でした。
週末になると痺れがくるんです。お医者さんに行くべきでしょうか。

終盤に差し掛かって、流石に焦りが・・・・・。もうダメ、きょうは ボ と覚悟しました。
と、その時やっと神様登場でした。

後1時間と少しと ボ 確定が迫った頃、 やっとお目見え。




船長に掬ってもらって、
艫のまるかつさんから
「満留和さん、おめでとう」ってエール貰って。

いや〜、ホッとしました。
船長もホッとした感じ。
隣のなべちゃんさんもホッとした感じ。


港戻って、船長から色々指導いただきました。
先ず、竿はあれじゃ難しいって。ウネリあるからいいかなって思ってましたが柔すぎるらしいです。
結構うねってましたが、それでも誘いにならなかったみたいようです。

それと、まるかつさんから1匹プレゼントもらいました。
「はい、ボスの分」

夫婦和合のご心配いただきました。

仁徳丸は結構いい思いしてるので、根拠のない自信があったのですが、振り返って考えるとボスに
「アカムツ釣ってこい」 と指令してもらうべきだったかも知れません。

今年は第2回もエントリー。
次はどうなりますか。
リベンジできればハッピーですが、カンネコ・アカムツの謎に少しでも近づければ。


まるかつさん、ありがとうございます。お土産までいただいて。
みなさん、ご挨拶できた方もできなかった方もいましたがお疲れさまでした。




道具
竿 バトルシップス 80-235 フォースマスター2000 3号 400
錘 120号 中錘 10
仕掛け エダス 6号50cm 針 ムツ17号  2本針 マシュマロボール
     幹糸 8号枝間 最初1.0m  捨て糸 5号最初1m 後1.5
     先糸 8号1m ライト(赤)
     餌 ホタルイカ(支給) サバ(持参 )

 
釣果
アカムツ 1匹 (28cm)
アジ  1匹
サバ   ? さよなら

(備忘録)
・深場の仕掛は撚れ厳禁。少しでも撚れたらすぐ交換すること。
 って、わかっていたので替え針・ハリスは持っていったのだが・・・。

・どうしても置き竿でやってみたいとしたらどうすればいいのか。
 暫く考えてみる。